小顔になリたい人必見!!お金をかけずに簡単に小顔になる方法!!

みんなが憧れる小顔とは?

理想のプロポーションについて、女の子にアンケートをすると必ず上位に来るのが「小顔」ですよね。顔が小さいとシルエットが綺麗に見えて、何を着ても可愛く見えてしまうのだから、小顔を理想に挙げるのも納得です。しかし、本当の意味で小顔を理解している人は少なく、ただ顔が小さいだけが小顔ではないのです。頭蓋骨が小さければ確かに顔が小さく見えますよね。でも、頭蓋骨が小さいだけでなく、顔の肌が健康で、顔面が浮腫んでいないことが小顔にとって最重要ポイントなのです。

小顔の大敵、浮腫みを予防するには

小顔の大敵、浮腫みはどうして発生するのでしょうか?原因は血行不良とリンパの流れが悪くなっていることで、血の流れが悪くなると肌全体の艶がなくなり、顔全体が膨張して見えてしまうのです。リンパは、肌の中を流れている液体で、体内で出来た老廃物などの不用な物質を運搬する役割を担っているので、リンパの流れが滞ってしまうと、顔の肌の中にある老廃物が体外に上手く排出されなくなるので、結果的に顔が浮腫んでしまい大きく見えてしまうのです。

顔の浮腫み対策にはマッサージ

顔の浮腫みは小顔にとっての最大の敵ですから、毎日の顔面ケアで浮腫を解消しましょう。毎日続けられる手軽なケア方法としては、顔面マッサージが効果的です。マッサージの手順は、先ず、両手の5本の指を出して第2関節で曲げ、指の腹で顔面を優しく刺激していきます。爪を立てないように気をつけて、もみほぐすようにして顔面に緩い刺激を継続的に与え、5分ほどしたら顔の皮膚を摘むように刺激ます。このマッサージを続けていると、顔面のリンパの流れが良くなり顔の浮腫みが取れ、理想の小顔に近づけるのです。

品川美容外科の提訴について調べる


美肌は体の内側からつくろう!肌によい食べ物

緑黄色野菜を積極的に摂りましょう

野菜は体の内側に働きかけ、肌を健康に保つための手助けをしてくれますよ。特ににんじん、かぼちゃ、ピーマン、ほうれん草などスーパーに行けば手に入る緑黄色野菜には抗酸化作用のあるβカロテンなどが含まれています。免疫力を高めるとともに、美肌効果もあるといわれています。ビタミンCやEなども含まれているため、シミやシワの予防や肌の老化防止に不可欠な栄養素を効率良くとることができますので、積極的に日々の食事に取り入れたいですよね。

乾燥肌で悩んでいる人は

冬の時期は乾燥しますし、夏も紫外線や強い日差しを浴びて日焼けしてしまい、肌がかさかさになった経験のある人は多いでしょう。美肌を目指すためには、まずこの乾燥を取り除かないといけないですよね。ビタミンA,B,C,Eを多く含む食材や、βカロテン、良質のたんぱく質を含んだものを積極的に摂るようにしましょう。例えば、ビタミンAには新陳代謝を活発にし、肌の再生を促進させます。レバーやチーズ・牛乳などの乳製品に多く含まれています。

脂性肌で悩んでいる人には

暖かい季節になると汗もかきやすくなり、お肌にはいつも脂がういてしまい化粧もくずれやすい、そんな脂性肌で悩んでいる人も多いのではないでしょうか。にきびができやすいのも悩みですよね。美肌に近づけるためにまずは食事から改善しましょう。皮脂の分泌が過剰なために脂性肌になりますので、なるべく分泌を抑える働きのある食材を選ぶといいですよ。ビタミンBが含まれるものを多く摂取するようにして、脂肪分が多く含まれるようなナッツ、バターなどの乳製品はなるべく控えたほうがいいかもしれませんね。

品川美容外科の提訴について調べる